1 デザイン名刺の作成

名刺はビジネスにおいて必須のアイテムとなりますが、どのような名刺を作成すればよいかは、起業したばかりだとわかりくいこともあると思います。

そこで、企業法務を専門とすることから様々な会社の名刺をいただく機会がある当事務所の経験から、最新の名刺情報を提供します。

まず、一昔前までは縦書きで企業名・役職・所在地及び連絡先のみが記載されたシンプルな名刺を見ることもありましたが、今ではほとんど見かけません。

現在は横書きの名刺が主流であるだけでなく、デザインも施されたデザイン名刺が一般的となっています。
理由として、名刺を保管する名刺フォルダーが横書き名刺用に作られており、その中でデザインがあったほうが目を引くからと考えられます。
よって、非常にシンプルなものからカラフルなものまで選択肢はありますが、これから企業して名刺を作成する場合、横書きのデザイン名刺を作成することとなります。

こうして、見た目の印象の観点からデザインは重要となりますが、自社アピールの記載方法も大事です。
まず、①どのような事業を行う企業なのか、②商品・サービスの理念や強みは何なのか、③その他アピールポイントがあれば「端的に」記載することが求められます。

注意しなければならないことは、訴求したいことが多いあまり、名刺に文字を入れすぎてしまったり、文字が小さくなったりすることです。
パッと見の印象を第一に心がけて名刺はデザインと合わせて文字を入れましょう。詳しいアピールポイントや説明は、名刺裏面に記載すればよいです。

さて、名刺作成の基本を押さえた上で、次はデザイン名刺作成を依頼する印刷業者を紹介します。
(1)ラクスル
デザインのテンプレート(無料)が豊富で、文字入力も感覚的にクリックして記入できるラクスルの名刺印刷を紹介します。
事前にデザインの作成・データ保存から、印刷枚数や条件による価格のシミュレーションまで無料でできますので、下記ラクスル公式サイトよりご確認ください。
(2)当事務所の紹介
現在、作成中

2 当事務所の業務案内

現在、作成中